北海道白糠高等学校 -Hokkaido Shiranuka High School-


学校からのおしらせ : 最新情報をお伝えします。

 北海道白糠高等学校オフィシャルウェブサイトにようこそ。本校ウェブページは、XHTML(Extensible HyperText Markup Language)で作成しています。また、CSS(Cascading Style Sheets)を使っています。推奨ブラウザは、Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Mozilla Firefox 2.0です。

北海道白糠高等学校 校長 倉 内 慶 一 

〒088-0323 北海道白糠郡白糠町西4条北2丁目2番地8

TEL 01547-2-2826
FAX 01547-2-2826
URL http://www.shiranuka.hokkaido-c.ed.jp/
E-Mail shiranuka-z0@hokkaido-c.ed.jp (@マークを半角に直して送信願います。)

運営予算の概要について

白糠高校の運営予算について

いじめ防止の策定について

自然災害等発生時臨休対応について

各種証明書の発行について


ジョブカフェ北海道のホームページでは、企業に関する情報や就職のための基礎知識、 各種セミナーの開催スケジュールなども掲載されています。是非ご覧下さい。 詳しくは下のアイコンをクリックしてください。



 

4月28日(木)2校時、フードデザインの授業で調理実習を行いました。事前に「食料自給率」や「フードマイレージ」について学習し、地産地消や旬産旬消をテーマとした調理実習として、白糠町産の「柳だこ」を使った「たこザンギ」を作りました。生徒にとっては身近な食べ物ですが、全員初めて調理したと話しており、今後も地元の食材を活かした白糠高校ならではの調理実習を行っていきたいと思います。  


4月27日(水)放課後、釧路市で行われた「進路ガイダンス」に、1年生13名、2年生3名、3年生12名、合計28名が参加してきました。1年生は初めての進路ガイダンスへの参加となり、緊張した様子も見られましたが、自分の興味ある学校で積極的に話を聞く姿が印象的でした。3年生はそろそろ進学先を決めて行かなければなりません。貴重な機会を大切にし、進路実現に向けて頑張ってほしいと思います。


4月27日(水)6校時に「生徒総会」を行いました。今年度の生徒会と各委員会の活動についての説明と、各クラスから出された質問や要望について返答がなされました。おおまかな年間の活動も決まり、本格的に各活動が動き出します。  

          

4月20日(水)今年も本校で育てた野菜を学校祭で配布することを目標に、生徒会執行部がビニールハウスで野菜の栽培を行います。今日は肥料や堆肥をまいて畑を耕し、種を撒く準備をしました。生徒の活動と野菜の成長もここで随時更新していきたいと思います。  


4月18日(月)白糠町連合町内会が行なっている「三愛運動」の啓発看板を、生徒会執行部と町役場の方によって新しいものに取り換えられました。「あいさつ」「はげましあい」「ふれあい」の三つの愛を広げ、思いやりの心をもった生徒に育ってもらえるような願いを込めて設置しています。  


4月12日(火)5・6校時に生徒会執行部の企画運営による「新入生歓迎会」を行いました。パワーポイントを使った先生紹介や各部活動のデモンストレーション、生徒会執行部のミュージカルと、多くの笑いに包まれた歓迎会となりました。1年生にはぜひ部活に入部したり、生徒会活動に取り組んだりと、充実した学校生活を送ってほしいと思います。  


4月11日(月)1校時から3校時まで1学年で新入生オリエンテーションを行いました。学年主任及び教務部、生徒指導部、進路指導部の各部長の先生がそれぞれ高校生活についての注意点を話し、最後に養護教諭によるコミュニケーションゲームを行ないました。今日は話を聞く時間が長く、生徒には少し疲れた表情が見られました。さらに放課後には部活動オリエンテーションも行い、盛りだくさんの1日となりました。  


4月8日(金)曇り空の中、第66回入学式を行いました。新入生のしっかりとした姿勢で式典に臨む姿が印象的でした。新1年生34名を迎え、全校生徒110人での新たなスタートです。一人ひとりが自分の目標を持って前向きに取り組んでほしいと思います。  


4月8日(金)新しく3名の先生方を迎え、平成28年度がスタートしました。倉内校長先生から、「日頃の小さな行ないが、大きな結果につながる」というお話があり、生徒指導部や教務部の先生からも、この一年の取組目標についてお話がありました。一つ学年が上がって、気持ちを新たにすがすがしい表情で登校してきた生徒の表情が印象的でした。  


>> 2016年度のNEWSはこちら

>> 2015年度のNEWSはこちら

>> 2014年度のNEWSはこちら

>> 2013年度のNEWSはこちら

>> 2012年度のNEWSはこちら

>> 2011年度のNEWSはこちら