北海道白糠高等学校 -Hokkaido Shiranuka High School-


学校からのおしらせ :  ニュースを更新しました。

 北海道白糠高等学校オフィシャルウェブサイトにようこそ。本校ウェブページは、XHTML(Extensible HyperText Markup Language)で作成しています。また、CSS(Cascading Style Sheets)を使っています。推奨ブラウザは、Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Mozilla Firefox 2.0です。

北海道白糠高等学校 校長 上 野 直 幸 

〒088-0323 北海道白糠郡白糠町西4条北2丁目2番地8

TEL 01547-2-2826
FAX 01547-2-2826
URL http://www.shiranuka.hokkaido-c.ed.jp/
E-Mail shiranuka-z0@hokkaido-c.ed.jp (@マークを半角に直して送信願います。)

いじめ防止の策定について

各種証明書の発行について


ジョブカフェ北海道のホームページでは、企業に関する情報や就職のための基礎知識、 各種セミナーの開催スケジュールなども掲載されています。是非ご覧下さい。 詳しくは下のアイコンをクリックしてください。



3月24日(火)に後期終業式が行われました。校長先生・教務部長・生徒指導部長・進路指導部長から、今年度の総括と次年度に向けてのお話がありました。その後、離任式が行われ、異動される先生方の紹介あり、離任されるみなさんから一言ずつお話がありました。お世話になった先生方との別れは辛いですが、先生方から学んだ事を活かして、新年度、気持ちを新たに頑張って欲しいと思います。 

 


「北海道高等学校学力向上推進事業」協力校の取組の一環として、3月23日(月)、白糠中学校の藤原美恵子教頭による講演会を行いました。近年、白糠中学校からの入学生が増加していることと、同教頭が中学校では数学の授業を担当していることを踏まえ、この度の取組が実現しました。本校においては、習熟度別授業を取り入れているため、各クラスでの授業を同教頭に参観いただき、それぞれの授業について合評会を開き講評・助言いただきました。講演では「数学は中高連携がもっとも必要な教科。今後も相互に教師同士が連携・交流し、授業力向上・生徒の学力向上に努めていくことが大切」と語っていました。 

 


3月16日(月)、19日(木)に1学年で「模擬面接」が行われました。今回の模擬面接では、身だしなみの確認や礼法指導を中心に行われました。1回目には、なかなか上手く礼法ができなかった生徒も先生方からのアドバイスを受け、2回目ではすばらしい礼法ができるようになりました。生徒たちは服装、言葉遣いなど普段の生活から意識することが大切だと感じていたようです。 

 


3月12日(木)6校時、1学年を対象に「携帯安全教室」を行いました。釧路警察署佐藤巡査を講師に迎え、SNSの正しい使い方、トラブルの危険を回避する対処方法について学びました。身近で実用的なテーマであったため、生徒たちは集中して聞き入ってました。 

 


3月12日(木)5校時、1学年を対象に「面接練習」を行いました。くしろ若者サポートステーションのご協力のもと、身だしなみの確認、礼法の指導、簡単な質問の応答の仕方など行いました。生徒たちは、自分の長所や短所などを友達に聞くなど、真剣に取り組んでいました。 

 


3月12日(木)2学年の進路学習の一環として、(株)ANA総研研究員で、元全日空CAの山ア和加代氏を講師に迎え、「マナー面接応対講」を行いました。今回は進学希望者17名が面接の応対マナー、ルールについて学びました。さまざまな視点からの説明や実技を交えた演習を通し、社会に出た時の一般的なマナーについてしっかりと身に付けました。 

 


3月11日(水)3・4校時に進路講話「モチベーションアップ講演会」が行われました。講師に笑華尊塾の塩谷隆治氏をお迎えし、モチベーションアップの方法、ココロとカラダを良い状態にする方法などお話しいただきました。生徒たちは「目標を設定する大切さ」や「プラスの考え方をする」などの成功するための秘訣を真剣に聞いていました。今後の学校生活に活かしてもらいたいですね。 

 


3月10日(火)2学年「家庭総合」の授業でエゾシカ調理についての出前講座(3回講座)が行われました。今回はレストラン「Iomante」のシェフ舟ア一馬氏をお迎えし、「エゾシカのおいしい食べ方」というテーマで、メンチカツとタイ風カレーを作りました。生徒たちは、楽しみながら実習を行い、地元の食材の調理方法を学んでいました。 

 


3月1日(日)卒業証書授与式が本校体育館を会場に行われました。多数のご来賓、保護者の方々のご臨席のもと、厳かな雰囲気の中、無事終了しました。本日巣立っていった76名の卒業生にとって、一生忘れられない卒業式になったと思います。卒業生の今後の活躍に期待したいと思います。

 

          

2月27日(金)卒業式予行にあわせて、白糠ロータリークラブ様より3か年の皆勤と精勤の表彰が行われました。皆勤賞は3名・精勤賞は12名が賞状と記念品を授与されました。その後、同窓会入会式が行われ、同窓会副会長の堀口様をお迎えし、入会宣言、幹事紹介が行われました。卒業後も白糠高校の同窓生としての絆を大切に、各方面で活躍することを期待しています。 

 


次年度の進路活動に向け、2月25日(水)4時間目に2学年では模擬面接を実施しました。今回の模擬面接は、特に基本である礼法を中心に行いました。6時間目には、1学年で履歴書書きの練習を行いました。模擬面接も履歴書書きも、くしろ若者サポートステーションのご協力のもとで行われ、早めの進路対策という点で成果が上がりました。現在、進路学習にあわせて1学年がSHR前の朝10分間を使い、書写を行い、きれいに字を書く練習を行っています。生徒達は進路実現のために一生懸命取り組んでいます。

 

          

2月24日(火)放課後、本校の茶華道部がひな祭りお茶会を行いました。作法室には、おひな様が飾られ、茶華道部の生徒が先生方や生徒にお茶菓子をふるまいました。高校におひな様があるってとても素敵ですね! 

          

2月24日(火)放課後、校長室で生徒会と校長先生との次年度検討会議が行われました。生徒会活動において、地域活動の活性化や白糠高校のアピール方法など活発な議論が行われました。生徒会執行部の動向にご注目ください。 


2月23日(月)本校校長室にて第3回学校評議委員会が行われました。今年度の成果・反省や次年度に向けての展望など活発な議論が行われました。学校評価については、学校関係者評価として、学習・進路・PTA活動など幅広いたくさんの意見をいただきました。今回のいただいたご意見を次年度の教育活動に活かしていきたいと思います。 


本日から学年末考査が始まりました。2年生は来年度の進路活動を直前に控えて、少しでも成果を上げようと、1年生もこの1年のしめくくりとして全力を尽くすようと真剣に取り組んでいました。十分に学習し悔いの残らないように頑張ってほしいと思います。 


明日から始まる学年末考査に向けて各学年で学習会が行われています。放課後の時間帯には、数学や英語など各教科で学習会が行われ、1学年は考査10日前から朝の10分間を利用して、考査の範囲の勉強を行っています。生徒は自分の苦手な教科の学習会に参加し、一生懸命最後の考査に向けて取り組んでいます。 


2月9日(月)6時間目に後期生徒総会が行われました。今回の生徒総会は、各委員会の1年間の活動の反省と次年度の学校生活に向けての意見など協議が行われました。今年度の反省を生かして、一層活発な生徒会活動・委員会活動に期待したいと思います。 


2月7日(土)本校吹奏楽部による第8回定期演奏会「ミュージカルパフォーマンス」が開催されました。J−POPやアニメソング、ジャズなど10曲とハンドベルの演奏、そしてアンコール曲と全12曲の演奏が行われました。この演奏会のために部員1人ひとりが部活動で学んだ音楽の楽しさを伝え、一緒に楽しんで欲しいという一心で練習に励んでいました。その思いが会場に伝わり、楽しい雰囲気で演奏会が行われました。ご来場いただきました皆さま本当にありがとうございました。 


2月5日(木)5時間目、1年生の「地学基礎」の火山の単元で、ポップコーンを使い、火山の水蒸気爆発の実験をしました。実験後、生徒たちは「ポップコーンが破裂する音に驚いた」、「火山の爆発の仕組みが理解できた」などの感想を述べ、それぞれ理解を深めていました。 


2月4日(水)2年生の家庭総合の時間に株式会社馬木場の松野穣氏をお招きして、エゾシカ猟及びエゾシカ肉の流通についての講演会をしていただきました。実際に撃った後の猟銃の弾を見せていただいたり、エゾシカ猟の現場の話や、流通についての話を聞きしました。生徒も自分の町を深く知ることができて有意義な時間になりました。後日、シカ肉料理の実演など、授業の中で体験する予定です。 


2月2日に釧路市で行われた「進路相談・職業体験会」に2年生が参加しました。動物飼育員・ネイリスト・調理師・声優など様々な職業を体験する中で、これからの進路活動や、現場で働くことの大変さについて考える良い機会となりました。また、とても楽しそうに参加している姿が印象的でした。 


3学年の卒業考査が本日から実施されました。高校生活最後の考査ということもあり、考査1週間前から教室で勉強したり、学習会に参加する生徒もたくさんいました。3年生全員が有終の美を飾れるようにがんばってほしいです。 


宿泊研修3日目。本日は、宿泊研修のまとめを行いました。その後3日間過ごしたネイパル足寄の部屋やフロアの清掃を行いました。そして別れの集いを行い、12時頃学校に到着し、解団式の後それぞれ生徒はたくさんの思い出を胸に下校しました。今回の研修で、集団生活において規律を守る姿勢を身に付け、仲間の大切さや協調性を養うことができたと思います。学んだことを今後の学校生活に生かしてもらいたいと思います。 


スキー研修を終え、夕食後、教頭先生からの講話がありました。1年間の高校生活を振り返り、今後の高校生活をしっかり考える良い機会になったと思います。 


宿泊研修2日目。本日も1日スキー、スノーボード体験が行われました。2日目ということもあり、スキーやスノーボードにも慣れて上手に滑れるようになりました。2日目も充実した研修となり、1人1人の成長が見られました。 


スキー研修を終え、宿泊先であるネイパル足寄に到着し、出会いの集いを行い、夕食後、コミュニケーショントレーニングを行いました。生徒たちはスキーの疲れもありましたが、楽しそうに交流を深めていました。 


糠平スキー場に到着して、スキー・スノーボード体験を行いました。ほとんどの生徒がスキーやスノーボードを初めて体験することになりますが、インストラクターのご指導のもと楽しく滑っていました。 


1月21日(水)から2泊3日の宿泊研修に1学年が出発しました。1日目は糠平スキー場でのスキー研修とネイパル足寄での学年研修になります。 


1月20日(火)6校時、本校体育館で宿泊研修結団式が行われました。団長の教頭先生からは「この研修で友だちの幅を広げて欲しい」などのお話があり、続いて学年主任から注意事項などの説明がありました。研修ではスキーやスノーボードの体験・コミュニケーショントレーニング・学年レクレーションなどが予定されています。3日間の研修を通してたくさんの経験を積んでほしいと思います。宿泊研修の様子は随時更新していきたいと思います。 


1月16日(金)冬季休業明け全校集会が行われました。校長先生・教務部長・進路指導部長からのお話がありました。3年生はいよいよ高校生活のまとめの時期に、2年生は進路実現するためにいろいろな準備をする大切な時期になります。1年生は1月21日からの宿泊研修で絆を深めてもらいたいです。今年も生徒のがんばりに期待したいと思います。 


>> 2014年度のNEWSはこちら

>> 2013年度のNEWSはこちら

>> 2012年度のNEWSはこちら

>> 2011年度のNEWSはこちら