北海道白糠高等学校 -Hokkaido Shiranuka High School-


学校からのおしらせ : 最新情報をお伝えします。

 北海道白糠高等学校オフィシャルウェブサイトにようこそ。本校ウェブページは、XHTML(Extensible HyperText Markup Language)で作成しています。また、CSS(Cascading Style Sheets)を使っています。推奨ブラウザは、Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Mozilla Firefox 2.0です。

北海道白糠高等学校 校長 上 野 直 幸 

〒088-0323 北海道白糠郡白糠町西4条北2丁目2番地8

TEL 01547-2-2826
FAX 01547-2-2826
URL http://www.shiranuka.hokkaido-c.ed.jp/
E-Mail shiranuka-z0@hokkaido-c.ed.jp (@マークを半角に直して送信願います。)

いじめ防止の策定について

自然災害等発生時臨休対応について

各種証明書の発行について


ジョブカフェ北海道のホームページでは、企業に関する情報や就職のための基礎知識、 各種セミナーの開催スケジュールなども掲載されています。是非ご覧下さい。 詳しくは下のアイコンをクリックしてください。



             

1月31日(日)全商情報処理検定を実施しました。主に2学年の生徒たちが受験しました。冬期白高塾での対策講座や放課後の講習会に参加し、真剣に学習に励んでいた努力が結果に繋がることを祈っています。  


宿泊研修3日目です。生徒達が2日間過ごした部屋の清掃をした後、3日間の研修のまとめを行いました。そしてお世話になったネイパル足寄の職員の方々にお礼の挨拶を行いました。学年、クラスの団結力を深める研修となりました。  


生徒達は2日間のスキー研修で、スキーやスノーボードを上手に滑ることができるようになりました。夕食後の学年レクでは、似顔絵リレーや校歌をどちらのクラスが上手に歌えるかを競い合いました。2日目もとても充実した研修になりました。  


昨日は怪我もなく元気にスキー研修を終え、ネイパル足寄に移動してコミュニケーショントレーニング等の研修を行ないました。今日も朝からラジオ体操をして、予定どおりスキー研修へと出発しました。天気にも恵まれ、良い研修となりそうです。  


1月28日(木)放課後、釧路市で行われた「国際ソロプチミスト親睦会」生徒会執行部が参加してきました。本来は先週の月曜日に予定されていましたが、吹雪で27日に延期となり、そのため1年生が宿泊研修で参加できず2年生のみの参加となりました。他校生徒との交流や、講演会、お食事会に参加させていただき、たのしい時間を過ごさせていただきました。  


お昼ごろに無事に糠平温泉スキーセンターに到着し、午後からスキーとスノーボードに分かれて研修がはじまりました。天気が良く、スキー日和の中、みんな元気に滑っていました。怪我をしないで楽しんでほしいと思います。  


1月26日(火)3〜4校時に3Aの「生物」で冬の野外観察を行いました。この授業では春・夏・秋に続き校庭の植物を観察しました。雪原が広がる冬でも、雪の下の地面や氷の下の河川では動植物たちがしっかり春に向けた準備を進めていることや、校庭の動物の足跡からはその行動力の広さに驚かされました。冬の生きものの生態を学ぶ良い機会となりました。  


1月27日(水)から29日(金)まで3年生の卒業考査が実施されます。進路によっては、これが最後のテストという生徒もいます。最後まで悔いのないよう頑張ってほしいと思います。本日の考査1日目は、みんな真剣に取り組んでいました。  


1月27日(水)1学年44名が宿泊研修に出発しました。今回の宿泊研修は、糠平スキー場で、スキーやスノーボードの研修が行われます。2泊3の研修を楽しみながら絆を強くして欲しいと思います。宿泊研修の様子は、随時更新していきます。  


1月24日(日)白糠町社会福祉センターで行われた「第19回味技フェスしらぬか」に家庭科同好会が参加してきました。このイベントは、白糠町の地場産食材を使った家庭料理や創作料理をそれぞれ持ち寄って試食を行なうというもので、白糠高校からは「ごぼうのパウンドケーキ」と「かぼちゃのパウンドケーキ」を出品しました。試食いただいた町内の方々から好評をいただき、「今度は特産のタコやつぶ貝を使ったお菓子を考えてみては」などのアドバイスもいただきました。今後も様々なイベントに参加しながら活動していきたいと思います。  


1月24日(日)全商簿記検定を実施しました。簿記検定合格を目標に、生徒達は冬期白高塾での対策講座や2週間前からの講習会に参加して、真剣に学習に励んでいました。これらの努力が結果に繋がることを祈っています。  


1月20日(水)冬休みも終わり、今日から授業が始まりました。昨日から始まる予定でしたが、吹雪のため臨時休校となり、一日遅れてのスタートとなりました。全校集会では、校長先生から、「新年の始まりを機に、なにか新しいことに挑戦しよう」というお話しがありました。今年度も残りわずかです。3年生は来週末には卒業考査が控えています。気持ちを新たに頑張ってほしいと思います。  


1月12日(火)より4日間、白高塾が開講されます。今回は、進学コースと就職コースに分かれ、進学コースでは、国語・数学・英語の3教科の講習を行います。就職コースでは、適性、性格検査の実施やSPI、学科試験対策、作文対策、簿記検定や情報処理検定対策講座などを行います。参加した生徒は、それぞれ自分の進路に応じて開講講座を選び、進路実現のために一生懸命頑張っていました。  


12月25日(金)いきいき交流会を開催し、そば打ち体験を行いました。講師に廣田達郎氏をお迎えし、町内会橋北1区、2区、3区、本校生徒と教職員合わせて40名近くの人数で実施しました。そば打ちの詳しいご指導をいただき、和気あいあいと交流を深めることができました。ご参加、ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。  


12月24日(木)放課後、茶道部によるお茶会が開かれました。クリスマスイブに、美味しいお茶と和菓子で落ち着いた雰囲気を楽しむことができました。心静かに、新しい年を迎えられそうです。  


12月24日(木)6校時、「冬休み前全校集会」を行ないました。本校は明日から冬休みに入ります。校長先生をはじめ、生徒指導部の先生、進路指導部の先生から、冬休み中の行動と取り組み、冬休み明けからの目標についてお話がありました。集会後には、今年で本校を退職される先生の離任式が行われ、生徒会長からの挨拶と全校生徒から温かい拍手が送られました。年明けから、また新たな気持ちで登校してきてくれるよう、まずは元気に冬休みを過ごしてほしいと思います。  


12月24日(木)3・4校時に、2年生が「見学旅行発表会」を行ないました。自主研修の内容や、見学旅行で学んだこと、楽しかったことなどを班ごとにパワーポイントにまとめて発表しました。慣れない発表に緊張した面持ちでしたが、他の班や1年生を前にしっかりと発表していました。参加した1年生は、イメージがわいてきて、見学旅行が楽しみになったと感想を話していました。  


12月24日(木)1校時から3校時まで、3年生の各クラスで年金機構主催の「年金セミナー」が行われました。今後どれくらい年金を払わなければいけないのか、年金制度とはどのような仕組みなのかなど細かく説明していただきました。社会人として最低限、必要な知識身に付け、今後にいかしてほしいと思います。  


12月22日(火)体育祭2日目です。本日は、バレーボール、バスケットボールの準決勝、決勝、クラス対抗綱引きが行われました。本校では、応援賞という一番素敵な応援をしたクラスに与えられる賞があり、それを受賞するために各クラス、応援にも工夫を凝らしていました。  

          

12月21日(月)体育祭1日目です。今回の体育祭は、7月のプレ体育祭の経験をもとに、生徒が中心となって企画、運営することを目的としました。1日目は、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、学年対抗リレーが行われ、競技も応援にも熱が入っていました。2日目は決勝種目とクラス対抗綱引きが行われます。ケガのないように頑張って欲しいです。  

          

12月20日(日)全商英語検定を実施しました。検定試験合格のために、自学自習はもちろん、1週間前からは2時間程度の講習会を行い、リスニングの練習や問題演習などを行ってきました。生徒たちは毎日講習会に参加をして努力していました。その努力が結果に繋がればと思います。  


12月17日(木)2学年家庭総合の授業で、3回目の調理実習を行いました。今回のテーマは洋食で、ピラフ、コンソメスープ、チキンのオーブン焼き、コールスローを作りました。1回目や2回目よりも手際良く、班の中で役割分担をしっかり行いながら、スムーズに実習を行っていました。  


12月14日(月)第2回学校評議員会が行なわれました。今回は生徒会執行部がこれまでの活動報告を、パワーポイントを使って説明しました。評議員の方々からは、お褒めの言葉や今後の学校運営の参考になる貴重なご助言をいただきました。今後更に良い学校にしていくために努力していきたいと思います。  


12月11日(金)学校開放講座「パソコン教室3回目」を開催しました。最終回のこの日、今までのまとめということで、色々な機能を使って年賀状の作成を行ないました。画像の取り込みや、文字の作成等参加されたみなさんはとても集中して取り組んでおり、とても素敵な年賀状の作品がいくつも出来上がりました。今年の学校開放はこれで終わりとなります。ご参加頂いた町民の皆様、ありがとうございました。また機会を設けて実施したいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。  


12月10日(木)6校時に釧路警察署少年担当係の方を講師に招いて、全校生徒を対象に「非行防止教室」を行ないました。「喫煙」「飲酒」「薬物乱用」「ネットトラブル」など、生徒にとって捲き込まれる可能性のある内容を幅広くお話ししていただきました。質疑応答では、社会に出るまでもう少しという3年生から質問が出るなどして、犯罪に対して正しい知識を持ち、自分の行動について考える良い時間となりました。  


12月9日(水)3〜4校時に3Aの「生物」でレバーを用いた酵素実験を行いました。この実験は“傷口に消毒液をぬると泡が出る”という現象を説明するもので、酵素カタラーゼの性質や発生した泡の正体が酸素であることなどを確かめました。身近な現象と学習内容を結びつける良い機会となりました。生徒のからは、「菌類にもジャガイモにもレバーと同じ酵素があることに驚いた。」「あんなに泡が出るとは思わなかった。」「線香燃えすぎてテンションあがった。」「意外が多くて楽しかった。」「加熱すると酵素が死ぬんだと思った。」などという声が聞かれました。  


12月9日(水)2年生の家庭総合の授業で、北海道消費者協会の方を2名お招きし「清涼飲料水の成分実験」を行ないました。水道水に色々なものを添加していきながら普段飲んでいる清涼飲料水に近づけるという内容で、生徒は味を見ながら「甘すぎる!」「すっぱい!」などの感想を言いながら取り組んでいました。また、着色料の「コチニール(えんじむし)」を実際に見たり、それを使って着色してみたりすることで、自分たちが普段何気なく口にしているものに何が入っているのか考える良い機会となりました。  


化学の有機化合物分野の授業でエタノールの性質を学習しました。お酒の主成分であるエタノールは空気との混合により爆発性の気体になります。実験により爆発を体験し、生徒たちは物質が持つエネルギーの大きさを実感していました。  


化学の有機化合物分野の授業で香りの合成をしました。お酢の主成分である酢酸とお酒の主成分であるエタノールを混合し、酢酸エチルという物質を合成しました。この物質はエステルという部分を有し、フルーツのような香りを持ちます。生徒たちは小さい頃に遊んだビニール風船の香りだと感じたようです。  


11月30日(月)から1週間、生徒会執行部が朝の挨拶運動を行いました。校内に挨拶運動啓発ポスターを掲示し、8時からはバス停の前で、8時30分からは生徒玄関で挨拶を行いました。同時に登校した生徒に「さわやかで元気」に挨拶をした執行部に投票を行うという企画も行っています。毎朝、さわやかで元気な声が生徒玄関に響きわたっています。  


12月2日(水)3校時に2学年が合同で「選挙啓発高校出前講座」をしました。講師に北海道と白糠町の選挙管理委員会の方々をお招きし、来年から選挙権を持つ生徒たちに選挙の仕組みや投票参加の意義について講義をしていただきました。また、選挙権の年齢についてのグループワークや、実際の投票場所の様子を教室に再現し模擬投票を行ないました。生徒にとっては少し難しい内容もありまいしたが、もうすぐ自分たちに関わってくる身近な内容なので、選挙について考えるとても貴重な時間となりました。  

          

12月1日(月)5時間目の時間帯に本校の教員3名と生徒1名が白糠中学校を訪問し出前授業を行ないました。2年生の「技術・家庭」の授業でパソコンの授業をさせていただき、Wordを使用したオリジナルのカレンダー作りを行ないました。写真の取り込みや文字のデザイン等、今まで知らなかった機能を使いながら楽しく学び、高校での学習内容を知ってもらう良い機会となりました。  


11月27日(金)18時30分から第一回学校開放講座「パソコン教室」を実施し、白糠町民5名の方にご参加いただきました。初回はパソコンのWord機能の基本操作を覚えることを目標として、文字の入力や文字の編集などを行いました。全3回の講座で、最終的には年賀状の作成を目指しています。  


11月26日(木)パートナーティーチャー派遣事業を活用して、白糠養護学校特別支援教育コーディネーターの田村純子先生を講師に迎え、校内研修会を行いました。生徒が抱えている困り感への理解を深めるとともに、課題の見方や捉え方、課題解決の方策について学ぶことが出来ました。これからの日々の教育活動に生かしていける内容ばかりで大変勉強になりました。  


11月26日(木)後期中間考査2日目が行なわれました。昨日に引き続き、生徒たちが真剣に解答に取り組む姿が見られました。体調管理をしっかりして明日の考査最終日に備えてほしいと思います。  


11月25日(水)後期中間考査が始まりました。考査1週間前から生徒たちは学習会に参加したり、朝学習の時間に考査の範囲の勉強をしたりしていました。放課後には、わからない所を教え合う姿も見られました。3日間頑張って欲しいと思います。  


「卵を落としても割れないようにするにはどのようにすればよいのか」を考える実験をしました。限られた材料を用いてそれぞれが想像力を働かせ、じっくりと話し合って実験案を作り上げていました。どのグループも工夫が凝らされていましたが、成功することが難しいということを実感したようです。  


紙おむつにはどれくらいの保水力があるのかを確かめる実験をしました。紙おむつには高吸水性ポリマーという粉が含まれています。この粉を取り出し、水を含ませてどれくらいの水分を吸収できるかを測定しました。生徒の結果では400倍以上の水を吸収することがわかりました。また、吸水したポリマーに食塩を混ぜる実験も行い、それが生体でも起こる現象だと理解するとさらに深く関心を持ったようです。  


11月17日(火)6校時に2学年文理コースの英語の授業で、生徒達が見学旅行の思い出を英語でスピーチしました。全員がそれぞれの思い出をまとめ、英語に訳し、みんなの前で発表しました。他教科の先生方も見に来る中、お互い何を発表しているのか集中しながら話しを聞き、みんなで感想を言い合うなど、とてもよい雰囲気での授業となりました。また、身近な材料を用いて表現しあうことで学習効果を高めていました。  


11月16日(月)1校時に2学年の見学旅行解団式を行いました。校長先生から見学旅行のまとめの話しがありました。また、実行委員代表として2年A組の澤田さんから解団宣言がありました。見学旅行で学んだことを、これからの学校生活に活かして欲しいと思います。来週は後期中間考査です。気持ちを切り替えて頑張ってください。  


見学旅行団が釧路空港に到着しました。5日間の旅行で普段の学校生活では得られない経験をたくさんすることができました。生徒たちはこんな素晴らしい経験をさせてくださった保護者の方々に、いっぱいのお土産を抱え、土産話と感謝の気持ちを持って全員無事に帰宅しました。  


自主研修を終え、生徒たちは集合時間までに全員無事に羽田空港に集合しました。搭乗手続きを終え、予定どおり16時55分出発の飛行機で釧路空港に向かいます。18時30分に釧路空港到着の予定です。  


東京自主研修も後半になりました。どの班も順調に東京の観光名所を見物したり、東京のグルメを堪能したりと、とても充実した研修を進めています。この後、15時に羽田空港集合になります。  


東京自主研修が始まり、各班とも計画どおり順調に研修をしています。東京自主研修では原宿・渋谷方面に行く班が多いようです。生徒たちはスカイツリーに昇って東京の景色を見て感動したり、渋谷・原宿のお店に行って買い物を楽しんだりしています。  


11月13日(金)見学旅行最終日になりました。ホテルで朝食をとったあと、お世話になったホテルの方々に生徒を代表して神成さんが挨拶を行いました。この後は、東京自主研修になります。最終日も楽しんでもらいたいです。  


本日の放課後、本校の教員と生徒が庶路中学校にて出前授業を行いました。庶路中学校フォト&ボランティア部2年生の生徒の皆さんを対象に、家庭科は「点字」、商業科は「電卓」について授業を行いました。中学生の皆さんからは白糠高校の学習を体験して「面白かった」「とても勉強になった」という声をいただきました。今後も、ぜひ続けていきたいと思います。  


ディズニーランドに入園してから、早くも日が暮れる時間となりました。夢と魔法の時間も残りわずか。このあとはメインイベントである夜の「パレード」を鑑賞します。明日は東京にて自主研修を行い、釧路空港には18時半帰着予定となっています。  


東京ディズニーランドに到着しました。生徒たちが見学旅行に出発する前からすごく楽しみにしていた場所です。生徒たちは入園してからもアトラクションの楽しさ、園内の景色の華やかさ、ショップやレストランの賑やかさに感動しています。  


京都駅から新幹線に乗車しました。新幹線に初めて乗る生徒が多く、新幹線のスピードや窓から見える景色にとても感動していました。11時30分頃に東京駅に到着します。その後は、東京ディズニーランドへ向かいます。  


11月12日(木)見学旅行4日目です。ホテルで朝食をとったあと、お世話になったホテルの方々に生徒を代表して鈴木さんが挨拶を行いました。これから、京都駅から新幹線で東京に向かいます。  


関西自主研修を終えて、生徒たちは全員無事時間内にホテルに戻ってきました。計画を自分たちで考え、突発的な課題も自分たちで解決し行動することができました。生徒たちにとって、とても充実した1日になりました。明日は生徒たちが楽しみにしている東京ディズニーランドに向かいます。  


午前9時からスタートした関西自主研修も午後8時に終了します。生徒たちは、昼食・夕食ともに関西ならではのグルメを堪能しているようです。また、関西の歴史・文化に直接触れてることによって、大いに見聞を広めています。  


関西自主研修も後半になりました。どの班も順調に進んでおり、京都や大阪を満喫しています。生徒たちからは「すごく楽しい!」「食べ物が美味しい!」などの声が聞こえてきています。  


本日の関西方面は天気も良く、とてもおだやかで旅行日和。自主研修も順調に進んでおり、京都や大阪の名物を昼食に食べています。生徒たちは、北海道とは異なる風景や味に感動しながら計画どおり研修を進めています。  


京都駅から出発し、各班順調に自主研修を楽しんでいるようです。まずはお寺や神社などの文化財を見学し、その後、自分たちで選んだお店での食事や観光を行ないます。自主研修の写真は生徒が自分たちで撮ったものです。旅行後に写真コンテストを行う予定なので、記念撮影にも力が入っています。  


11月9日(月)から1年生の総合的な学習の時間で「中国語講座」が始まりました。白糠町ALTの趙先生から、中国語での挨拶、自己紹介、日常会話などを学びます。白糠町在住の生徒は小・中学校と中国語勉強したことがあるので、慣れた様子で発表している姿が印象的でした。中国語の知識が広がるとともに、異文化理解の基礎が築くことができればと思います。  


3年生の選択「化学」でロウの性質を理解するために食品サンプルづくりを行いました。紙粘土で食品をデザインし、溶かしたロウを冷やしながら周囲に付けることによって天ぷらの衣のようにすることができます。生徒たちは協力して熱心にサンプルづくりに取り組んでいました。  


11月11日(水)見学旅行3日目です。本日は1日関西自主研修です。10月から各班で見学場所を決めたり、交通機関を調べたりと計画を立ててきました。自分たちで決めた行程を楽しんでもらいたいです。自主研修の様子は随時更新していきます。  


清水寺を出発して京都のホテルに到着しました。ホテルでは代表の鈴木さんが挨拶を行いました。夕食では京都のすき焼きを食べ、関西の味に感動していました。本日も体調不良の生徒はおらず、全員が無事に旅程をこなしました。明日はいよいよ関西方面自主研修です。  


薬師寺を出発して京都に向かい、本日最後の見学場所である清水寺に到着しました。清水寺では、生徒たちは「清水の舞台」をのぞき込んだり、「音羽の滝」の水を飲んだりしていました。また、門前街ではお土産を買ったりして楽しんでいました。  


11月10日(火)6校時に思春期保健講座を実施しました。埼玉医科大学助教授・地域医学医療センター産婦人科医師である高橋幸子氏に「性感染症予防と避妊法について〜自分で決めよう性と生〜」という演題で講演をしていただきました。避妊の大切さとその知識、実際に性感染症に感染した人の話などを聞いた後、出産時の映像を見ました。性と生について、生徒たちは終始真剣に話を聞いていました。  


奈良公園を出発し、薬師寺に到着しました。ガイドさんからお寺や建物についてのお話を聞き、薬師寺の僧侶の方からは、寺の歴史などの話を聞くことができました。関西方面の天気は曇り、気温は19℃ですが、風が少し強いためそんなに暑く感じる天候ではないようです。  


見学旅行2日目、最初の見学地である奈良公園に到着しました。東大寺南大門や大仏殿の見学をし、生徒たちは大仏の大きさに驚いていました。また、奈良公園といえば鹿が有名です。生徒たちは、鹿煎餅を買って鹿に与えたり、鹿に追いかけられたり、頭突きをされたりと鹿と戯れ、楽しんでいました。  


11月10日(火)見学旅行2日目です。生徒たちはホテルの朝食を食べた後、生活係を中心に部屋の整理整頓を行いました。出発前には生徒を代表して竹田君がお世話になったホテルの方々に挨拶を行いました。ホテル出発後、奈良公園に向かっています。  


海遊館を出発し、夕方ホテルに到着しました。ホテルでは代表の竹田君が挨拶を行い、すぐに夕食を食べました。体調不良の生徒もおらず、全員1日の行程を元気にこなしました。明日は奈良や京都を見学する予定です。  


海遊館に到着しました。海遊館の入り口で集合写真を撮影したあと入館。入館後はグループ行動です。生徒たちは、魚の群れを見てきれいだと感動したり、大型の水槽に驚いたり、実際に魚に触れたりして楽しんでいました。  


羽田空港を出発し伊丹空港に到着しました。伊丹空港からはバスでの移動になります。生徒たちは、バスガイドさんの話を聞いたり、大阪の景色を見て驚いたりしています。バスは一路、海遊館へ向かっています。  


釧路空港を出発し羽田空港に到着しました。羽田空港では乗り換えの時間にロビーで昼食をとり、買い物をしたりしていました。この後は、伊丹空港へ向かいます。  


白糠高校を出発した見学旅行団は釧路空港に到着しました。この後、釧路空港から羽田空港へ向かいます。飛行機に乗ることが初めての生徒もいて、空港では緊張しながらセキュリティチェックを受ける様子がうかがわれました。  


11月9日(月)2学年36名全員が白糠高校を出発しました。本日は釧路空港から羽田空港を経由して伊丹空港に向かいます。その後海遊館を見学します。  


11月8日(日)全商珠算・電卓検定が行われました。生徒たちは2週間前から講習会に積極的に参加し、合格を目指してがんばってきました。本番も集中して一生懸命問題を解いていました。がんばりが合格に繋がって欲しいと願っています。  


11月6日(金)6校時、見学旅行結団式を行いました。引率団の先生方から注意事項などの話の後、見学旅行実行委員長の田村さんから「見学旅行を通して、仲間作りや協調性を身に付け、規律を守って白糠高校生として恥じないように行動します」との挨拶がありました。ぜひ4泊5日の見学旅行を楽しんできて欲しいと思います。なお、見学旅行中の生徒の様子は随時更新していく予定です。  


11月5日(木)2〜3校時、3年生の選択授業の「生活と福祉」で白糠養護学校を訪問し、今年度最後となる交流学習を行いました。今回は、長野オリンピック男子カーリング代表選手の敦賀信人さんと、北海道車椅子カーリング協会会長の坂田谷隆さんによる講演を伺いフロアカーリングを行ないました。フロアカーリングではなかなか枠の中にストーンが入らず、養護学校の生徒も白糠高校の生徒も苦戦していましたが、試合ではお互いに応援をしあいながら楽しい時間を過ごすことが出来ました。今回で今年度の白糠養護学校との交流学習は終わりとなります。生徒はたくさんの貴重な経験をすることが出来ました。関係者の皆様ありがとうございました。  


11月4日(水)、来週から始まる見学旅行の事前指導を行いました。「見学旅行のしおり」の帳合を行ったり、旅行中の持ち物や注意事項、スケジュールの確認など行いました。生徒たちはしおりを読んだり、真剣に説明を聞き、積極的に質問などを行っていました。  


3学年化学の実験で分子模型を作製しました。有機化合物は、炭素・水素・酸素の3つの物質が様々に組み合わさることで多様な物質を構成しています。それらの理解を促すために、簡単な構造の化合物であるメタンやエタノールなどの分子模型を実際に作り、理解を深めました。  


11月3日(火・文化の日)釧路市こども遊学館で行われた科学の祭典サイエンス屋台村に出店してきました。白糠高校としてブースを出すのは3年目になりますが、今年はプラ板でストラップづくりを行いました。本校生徒と卒業生がサポートに入り、親切丁寧に小学生や中学生にアドバイスをしていました。できあがったストラップに来場者は満足そうでした。  


11月3日(火・文化の日)に白糠町社会福祉センターにて本校茶華道部が白糠町総合文化祭に参加しました。作品展には生徒の生け花が飾られており、発表会ではお茶やお菓子を振る舞うお茶会が行われました。茶華道部員たちは、緊張しながらも多くの人にお茶やお菓子を振る舞っていました。来場されたお客様も高校生の立派な姿をみて感動されていました。  


1学年家庭総合の被服の単元で実習が行われています。次年度の調理実習で使用するエプロンを自分たちで作るというもので、布を切ったり、ミシンで縫ったり、アイロンをかけたりと慣れない手つきの生徒もいますが一生懸命頑張っていました。教え合いながら行っている姿が印象的です。  


11月1日(日)白糠町で行われた駅伝大会に、本校生徒と教員が出場しました。生徒は、野球部・ソフトテニス部・バドミントン部・剣道部の部員が男女それぞれ混成チームを結成し参加しました。男子高校の部では優勝、女子高校・一般の部では3位に入賞することができました。また、教員チームはいつもお世話になっている白糠町への地域貢献として参加をしました。これからも町の行事へ積極的に参加をしていきたいと思います。  


10月30日(金)株式会社インフォーメーション・ディベロプメント採用・トレーニング部グループリーダーである山ア和加代氏を講師に迎え、2学年を対象にマナー講座を行いました。講座では、挨拶の大切さや身だしなみ、言葉遣いなど人と接するときに必要なマナーを中心に分かりやすく実践的な指導をしていただきました。2学年は来週から見学旅行が始まり、旅行先でさまざまな人と出会います。今回の講座で学んだことを見学旅行やその後の進路活動に活かして欲しいと思います。  


11月8日(日)実施の全商珠算・電卓検定に向けて、試験日2週間前から講習会が実施されています。検定試験合格を目標に、放課後2時間程度検定勉強を行っています。生徒たちは真剣に取り組み、わからない所などを積極的に質問をしていました。  


10月27日(火)2学年の家庭総合の授業で、第2回目の調理実習が行われました。今回は中華料理がテーマということで炒麺・餃子・たまごスープを作りました。生徒達は2回目ということもあり、手際よくスムーズに調理実習を行っていました。  


10月23日(金)5・6校時に北見工業大学機械工学科准教授松村昌典氏による出張講義が行われました。2・3年生の文理コースを選択している生徒を対象に、空気や水などの日常では見えない流体を可視化し変化球や台風など日常生活との繋がりを学ぶ機会となりました。生徒たちは「スポーツカーや飛行機の形も流体力学によって考えられている」と感心して興味深く聞いていました。  


10月22日(木)放課後、校長室で校長と生徒会執行部とのミーティングを行いました。生徒会執行部からあいさつ運動の実施、前期から行っているフラワープロジェクトの内容、環境美化を意識した校内清掃の実施や小学校や中学校との交流などについて、積極的な意見交換がなされていました。今回話したことをこれからの生徒会活動に活かしてもらいたいと思います。  


10月21日(水)2〜3校時に二葉幼稚園の園児のみなさんが来校し、本校2年生とクッキー作りを行いました。高校生と園児が話しながら楽しそうにクッキーの型をとり、おいしそうに食べている姿が印象的でした。クッキーを焼いている間に、ユニクロの、”届けよう、服のチカラ”プロジェクトのプレゼンテーションを行い、園児のみなさんにも子ども服の回収を呼び掛けました。今回の交流学習は、世代を超えたコミュニケーションの貴重な機会となり、他者への思いやりを育む機会ともなりました。二葉幼稚園の皆様、どうもありがとうございました。  


10月16日(金)3〜4校時に3Aの「生物」で秋の野外観察を行いました。この授業では春・夏に続き校庭の植物を観察しました。夏には青々と茂っていた木々も赤や黄に色づき、どんぐりや落ち葉が見られました。フキやイタドリもすっかり枯れて秋の風景となっており、落葉や紅葉のしくみを勉強する良い機会となりました。  


10月8日(木)5〜6校時に3Aの「生物」でカイコガのフェロモンに関する実験を行いました。初めて見るカイコガに最初は悲鳴をあげていた生徒たちも、カイコガという生物が人類に果たしてきた歴史やオスがメスのフェロモンに反応して近づいていく様子を見て、途中からとても興味をもって学習に取り組んでいました。カイコガを提供していただいた北海道立理科教育センター様に感謝いたします。  


10月15日(木)18時30分からPTA役員会が行われ、3学年は自動車学校通学保護者説明会を行いました。今までの生徒の活動をまとめたスライドショーを見ながら保護者の方と前期を振り返りました。その後、1・2学年は懇談会を、自動車学校通学説明会では、生徒の安全を願って、学校側からのお願いごとを伝えさせて頂きました。今後も保護者の皆さまと協力して教育活動を行っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。  


10月15日(木)5校時に3Aの「地理A」の授業でワンポイント巡検というフィールドワークを行ないました。授業で学んだ地形図を見ながら学校の周辺を歩き、等高線と実際の傾斜などを見比べました。習ったことを体験することで、より深く学ぶことができました。  


先日の白糠小学校に続き、今日は白糠中学校を訪問し、”届けよう、服のチカラ”プロジェクトのプレゼンテーションを行いました。生徒の皆さんも朝早くから興味を持って話を聞いてくれたので、大きな手応えを感じました。今後も保育園や幼稚園等にこの活動を広めていきたいと思います。  


10月13日(火)6校時に「後期避難訓練」を実施しました。地震時の行動訓練を実施後、津波発生時の避難訓練のため、学校近くの九号の山へリヤカーと共に避難しました。その後、地域の町内会の皆さんや白糠町役場、白糠消防署の方にもご協力いただき、高齢者の方の避難の援助や、応急手当訓練なども行ないました。また、町内会の皆さんには学校の屋上への避難も併せて体験していただきました。寒空ではありましたが、貴重な訓練を行うことができました。  

          

3学年が星ヶ浦自動車学校にて「プレドライバーセミナー」を受講しました。それぞれのクラスに分かれて、車の死角実験や内輪差の実験などを行いました。実際に体験してみることで、車社会の危険な一面を知り、命の尊さや個人の責任についてかんがえる良い機会となりました。  

          

今年度本校が参加しているユニクロの”届けよう、服のチカラ”プロジェクト。本日は、生徒会執行部が白糠小学校を訪問しプレゼンテーションを行いました。自作の紙芝居をプレゼンテーションソフトで全校児童に発表し、難民の子どもたちの状況を伝え、子ども服の回収を呼び掛けました。白糠小学校の児童、教職員並びに保護者の皆さま、ご協力よろしくお願いします。  


1学年総合的な学習の時間を活用し、「日本ドリコム、ジョブカフェ連携 進路ガイダンス」に参加しました。それぞれの進路の希望に応じて、進学者は大学・短大・専門学校のブースで説明を聞き、就職者はANAクラウンプラザホテルの施設見学並びに釧路市内の企業による講話を聞きました。2年後の進路活動を見据え、それぞれが進路意識を高めることができました。  


2学年家庭総合の授業で第1回目の調理実習が行われました。今回は調理の基本ということで、一番だしの作り方や計量などの基礎を中心に三色丼とすまし汁を作りました。生徒たちは「みんなで協力して作り上げた料理はより一層美味しく感じた」などと感想を述べていました。  


10月5日(月)本校にて中学生と保護者並びに学校関係者を対象に、学校選択の一助としていただくために学校説明会を開催しました。本校生徒会からは学校紹介ビデオの上映や生徒会生徒と中学生の参加者が対話形式で白糠高校の話する「語り場」の実施などを行いました。体験授業では、化学の実験や音楽のハンドベル演奏、パソコンでの名刺づくり、家庭科のマヨネーズ作りなどを行いました。体験授業後は、部活動見学を実施しました。参加した中学生からは、「語り場が良かった。」「体験授業が楽しかった。」等という声が聞かれました。  

         

本校の「春の街頭啓発運動」や「旗の波作戦」などの活動が評価され、全道交通安全協会に表彰していただきました。代表して新生徒会執行部が表彰状と反射材を受け取りました。これからも全校を挙げて交通安全を呼びかけていきたいと思います。  


9月25日に1学年が国道38号線沿いにて交通安全啓発「旗の波作戦」を行いました。町民の方とも協力をし、ドライバーに交通安全を呼びかけることで、生徒自らの安全意識も高めることができたと思います。  


本日から後期が始まり、1校時に後期始業式を行いました。後期の学校生活に向けて、校長先生、教務部長、進路指導部長、生徒指導部長からお話があり気持をひきしめることができました。また、始業式終了後には生徒会役員認証式が行われ、新生徒会長の2A岩田さんから「明るい学校を作りましょう」と呼び掛けがありました。  


9月28日(月)6校時に前期終業式を行いました。今年度も半分が終了し、校長先生と生徒指導部長から前期良かった点や今後の課題などのお話がありました。二日間の期間休業を挟んで木曜日から後期が始まります。3年生は進路活動が更に活発に、2年生は見学旅行、1年生は宿泊研修と、各学年忙しい日々が続きます。一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。  


9月24日(木)6校時に生徒会役員選挙を行いました。今回の選挙は、生徒会長候補が2名立候補しました。二人とも白糠高校をより良くしようとあいさつ運動の実施や地域貢献の積極的な実施など熱い演説をしていました。今後の生徒会活動に大いに期待したいと思います。  


9月18日(金)、19日(土)新さっぽろのサンピアザ「光の広場」で行われる商業教育フェアに参加をしました。全道の高校30校が参加し、地域の特産物などを販売しました。本校もお世話になっている白糠町をPRする目的で参加しました。たくさんのお客様に白糠町のブースに来ていただき、生徒たちも一生懸命販売を行っていました。とても良いPRになったと思います。  


9月17日(木)より秋季高野連大会が開幕しました。白糠高校は、阿寒高校・釧路商業高校との3校連合チームで出場しています。開幕試合で釧路工業高校と対戦しました。9回終了時9−9の同点となり延長戦に突入し、最終的には、延長14回の末16−10で残念ながら敗退しました。今年度の大会はこれで終わりとなりますが、来年に向けて日々練習していきますので、これからも応援よろしくお願いします。  


9月17日(木)2〜3校時3年生の選択授業の「生活と福祉」で、白糠養護学校の生徒を本校に招き交流学習を行いました。2回目のいうこともあり、生徒は少し慣れた様子で、事前に準備した「魚釣りゲーム」や「ボーリング」などを行って楽しみました。帰りには、バスからずっと手を振ってくれる生徒もいて、最後まで全員でお見送りをしました。次回は、10月8日(木)に養護学校で今年最後の交流学習を行う予定です。  


インターンシップ2日目を迎えました。昨日教わったことを踏まえ、より高い就労意識で働く生徒たちや、さらに多くのことを教わる生徒たちの真剣な姿を見て、本当に貴重な体験をさせていただいていると感じています。インターンシップを引き受けてくださり、この日のために準備をしてくださった企業・団体の方々のおかげで、生徒達は大変有意義で貴重な2日間を過ごすことができました。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。  


9月16日(水)インターンシップ1日目です。2年生全員が参加するこの就労体験から、進路に向けた活動が本格的にスタートします。これまで、企業で体験する心構えや電話対応、企業研究など様々な準備を行ってきました。この2日間を通して1年後の進路に向けて大きく成長してくれることを期待しています。

 


9月18日(金)から行われる商業教育フェアに本校も参加します。新さっぽろのサンピアザ光の広場で白糠町の特産品を販売してきます。白糠町をアピールするため、POP広告やポスターなどを作成したり、販売商品の知識を学習したり、礼儀やお金の計算など、毎日遅くまで生徒は準備をしています。お世話になっている白糠町に貢献できるように全力で頑張ってきたいと思います。

 


9月12日(日)白糠町ハミングロードで行われたカミングパラダイスに本校吹奏楽部が参加しました。カミングパラダイスが始まったオープニングに吹奏楽部の演奏が行われ、メドレーを含む全6曲を演奏しました。白糠町のみなさまに楽しんでいただけたと思います。

 


9月16日(水)から行うインターンシップの事前指導を行いました。2年生の生徒たちは、インターンシップでお世話になる事業所に自分たちで電話をしたり、自己紹介カードの記入をしたり、企業調べを行ったりしました。インターンシップの2日間でしっかりと社会というものを感じてきてもらいたいと思います。

 


9月9日(水)釧路市で行われた進学相談会に本校生徒13名が参加しました。生徒たちは自分の興味のある大学や専門学校に積極的に話を聞きに行っていました。今後の進路選択に役立てて欲しいと思います。

 


9月8日(火)各種委員会が行われました。それぞれの委員会が前期の反省と後期に向けての改善点などが話されました。また、生徒会執行部は、校長室で校長先生と話し合いを行い、これからの白糠高校についてや今後の生徒会の取組についてなどが話されました。今回の委員会で話し合ったことを後期の活動に活かしてもらいたいと思います。

 


9月6日(日)全商英語検定が実施されました。全商英語検定は本年度から本校で取り入れた検定で、2級、3級合わせて13名が受験しました。前期期末考査終了後すぐの実施ということもありましたが、生徒は放課後の講習会にも参加して頑張っていました。受験者全員が合格して欲しいと思います。

 


9月2日(水)前期期末考査が始まりました。この考査の結果で前期の成績が決定します。3年生は進路実現に向けて少しでも成績を上げようと努力し、1・2年生もそれぞれの目標に向かって頑張っていました。残り2日、ぜひ頑張って欲しいと思います。

 


8月27日(木)標茶高校で開催されました、弁論大会に本校生徒2名が出場しました。2人とも大変立派な発表でしたが、課題の部で出場した2年生岩田さんは、最優秀賞となり全道大会へ出場することになりました。出場した生徒たちは「多くの高校生の思っていることを聞くことができて勉強になりました。自分の考えや思いを人に伝えることがとても大切なことだと思いました。」と感想を述べていました。

 


9月1日(火)1校時に北海道シェイクアウトを実施しました。地震の際の安全確保行動を身につけるために、校内放送がかかると同時に、全校生徒が1,Drop 2,Cover 3,HOld on を実行しました。いざという時のために日頃から防災意識を高めて、生徒も教職員も学校生活を送りたいと思います。

 


>> 2015年度のNEWSはこちら

>> 2014年度のNEWSはこちら

>> 2013年度のNEWSはこちら

>> 2012年度のNEWSはこちら

>> 2011年度のNEWSはこちら