北海道白糠高等学校 -Hokkaido Shiranuka High School-


学校からのおしらせ : 最近、Twitter上で本校生徒を名乗る人物により不適切な動画がアップされておりますが、本校とは関わりがありません。

 北海道白糠高等学校オフィシャルウェブサイトにようこそ。本校ウェブページは、XHTML(Extensible HyperText Markup Language)で作成しています。また、CSS(Cascading Style Sheets)を使っています。推奨ブラウザは、Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Mozilla Firefox 2.0です。

北海道白糠高等学校 校長 倉 内 慶 一 

〒088-0323 北海道白糠郡白糠町西4条北2丁目2番地8

TEL 01547-2-2826
FAX 01547-2-2826
URL http://www.shiranuka.hokkaido-c.ed.jp/
E-Mail shiranuka-z0@hokkaido-c.ed.jp (@マークを半角に直して送信願います。)

平成27年度キャリア教育・職業教育推進事業実施報告書について

平成28年度キャリア教育全体計画について

平成28年度キャリア教育・職業教育推進事業実施計画書について

運営予算の概要について

白糠高校の運営予算について

いじめ防止の策定について

自然災害等発生時臨休対応について

各種証明書の発行について


ジョブカフェ北海道のホームページでは、企業に関する情報や就職のための基礎知識、 各種セミナーの開催スケジュールなども掲載されています。是非ご覧下さい。 詳しくは下のアイコンをクリックしてください。



                                 

6月23日(木)6校時に、生徒会執行部7名と3年生の生活環境委員8名が、町内で交通安全街頭啓発運動を行ないました。生憎の雨でしたが、前日家庭科同好会と生徒会執行部で作ったクッキーとポケットティッシュを運転手の方に配り、交通安全を呼び掛けました。その後は、道に落ちているゴミ拾いも行ないました。安全で、事故もなく、きれいな道の街づくりを目指して今後も活動を行なっていきたいと思います。


6月23日(木)2・3校時に、2年生の「家庭総合」の授業で「赤ちゃん交流」を行ないました。今年は3組のお母さんと赤ちゃんに来校していただき、40名の生徒と交流しました。初めて赤ちゃんを抱っこした生徒も多く、お母さんから赤ちゃんを渡されて戸惑う姿や、突然泣き出す赤ちゃんに驚く姿が見られました。お母さんの話を聞いて、生徒からは「可愛いけど育てるのが大変そう」「お母さんの存在ってすごい!」などの感想が聞かれました。


6月21日(火)6校時に、1学年の「産業社会と人間」という授業で「心の教育」を行ないました。本校のスクールカウンセラーである教育大学大学院教授の安川先生をお招きし、心のしくみとストレスの受け止め方、リラックス方法について講義をしていただきました。自分がどんなことにストレスを感じて、どのように対処をしているのかを心理テストで知ることができました。生徒たちは、安川先生の話を終始真剣に聞いていました。感情のコントロールが難しい年頃ですが、自分の心としっかり向き合える人になってほしいと思います。


6月21日(火)4校時に、”届けよう、服のチカラ”プロジェクトの出前授業を行ないました。ユニクロが行なっているこのプロジェクトに昨年から参加しており、今年は2回目の参加となります。着なくなった子供服を集めて難民キャンプに送るというプロジェクトで、昨年はたくさんの方にご協力をいただきました。今日はその第一段階として、ユニクロの方をお招きし、本校生徒に改めてプロジェクトの内容を説明していただきました。生徒からは、「ボランティアとして呼びかけなど積極的に取り組みたい」という声がきかれました。


6月21日(火)2・3校時に2学年の家庭総合で、白糠町役場の保健師さん3名をお招きし、2人1組になって人形を使い「沐浴体験」を行ないました。赤ちゃんの重さに「腕が疲れる」などといった感想も聞かれましたが、ぎこちないながらも一生懸命取り組む姿が印象的でした。


6月4日(土)から一泊二日で、縫別自然の家で生徒会リーダー研修会を行ないました。最初に生徒会の組織の意義と目的を確認してから、全員で7月の白高祭に向けてたくさんのアイディアを出し合いました。話し合いのあとには、体育館でレクリエーション。先生方が差し入れを持ってきてくれたのですが、生徒会のみんなは差し入れよりボールで遊ぶことに夢中になっていました。夜は全員でカレーを作り、朝にはカレーうどんを食べました。数時間に及ぶ話し合いの結果を是非とも学校祭で発揮してほしいと思います。


6月16日(木)5・6校時に、本校体育館にて「進路ミュージカル」を鑑賞しました。昨年に引き続き、滋慶学園北海道グループの方に来校していただきました。自分達とほとんど年齢が変わらない人たちが目の前で演技をする姿と、進路に悩む人々を描いたストーリーは、生徒の心に何かを残してくれたと思います。3年生はこれを契機に、気持ちを新たに目標に向かって頑張ってほしいと思います。


6月14日(火)、3年生選択の「科学と人間生活」(3・4校時)および1年生の「地学基礎」(5・6校時)の授業でパシクル沼巡検を行いました。白糠と音別の間にあるパシクル沼は波の侵食を受けてできた海跡湖で、周囲には海食崖がそびえ、粘土層や砂岩、泥岩などの岩石が見られます。また、砂浜では宝石として知られるメノウ石や石炭なども観察できました。身近にある場所で自然の力によってできた地形や岩石を観察し、地球に対する理解を深める機会となりました。


6月13日(月)5・6校時に3年生「政治経済」選択者が白糠町議会を訪問し、主権者教育の一環として議会を傍聴させていただきました。初めての議会傍聴に真剣な顔で話を聞いている姿が印象的でした。7月の参議院選挙から18歳に選挙権が与えられます。自分たちの住む町がどのようにつくられているのかを知り、政治に関心を持つ機会になりました。


6月13日(月)5・6校時にフードデザインの授業で調理実習を行い、大豆から豆腐作りを行ないました。途中、豆乳を試飲してみた生徒は「売っているのより甘くない」とがっかりしていましたが、本来の大豆の味を実感することができました。なかなか固まらず苦労した班もありましたが、最後には試食して終えることができました。いつも食べている豆腐と違って大豆の味が濃く、手作り感あふれる豆腐となりました。


6月10日(金)18時半より本校会議室にてPTA役員会と学年委員会を行いました。PTA9名の方に出席いただき、学校祭のバザーについてや本校の生徒減少防止に向けた話し合いを行ない、出席いただいたPTAの方々から貴重な意見をいただくことが出来ました。今年度の活動がより有意義なものになるよう、今後もご協力お願いいたします。


6月8日(水)2校時に3年の「生物」で春の植物調査を行いました。この授業では春から初夏にかけて成長する植物に着目し季節による違いを学習することを目的としています。まぶしいほどの萌黄色をしたミズナラやシラカバの葉、存分に光を浴びて成長を続けるフキやイタドリなど、植物と光合成について実感をもって学習するよい機会となりました。これからどのように変化していくのか、次の調査が楽しみです。


6月8日(水)6校時、避難訓練を行いました。今回の避難訓練は2階の化学室からの出火という設定で行い、放送や先生方の指示に従って速やかに避難することができました。本日のどの時間帯に避難訓練を行うかは生徒には伝えずに実施しましたが、落ち着いて行動することができました。避難後の講評では、倉内校長から「押さない・走らない・しゃべらない・戻らない」という話を、消防署の方からは「当事者意識を持つことの大切さ」という話をいただきました。最後に消火器のの使用法の説明と、消火訓練を行いました。ご協力いただいた釧路市消防本部西消防署白糠支署の皆様ありがとうございました。


6月7日(火)剣道部と柔道部が全道大会出場に伴い白糠町長・教育長表敬訪問を行いました。両部の主将が全道大会へ向け決意を述べ、町長から激励の言葉をいただきました。白糠町からの支援金をはじめ沢山の周りの支えがあることに感謝し、大会での活躍を期待しています。


6月7日(火)6校時、高体連全道大会に出場する柔道部と、剣道段別選手権で全道大会に出場する剣道部、夏の甲子園につながる高野連の大会に出場する野球部の壮行会を行いました。各主将から力強い意気込みが発表され、全校生徒は大きな声で校歌を歌い応援の気持ちを伝えました。20日頃から各部活の大会が始まります。応援よろしくお願いします。


6月3日(金)釧路工業高等専門学校の三島利紀教授を講師に迎え”Q-Uを活用したホームルーム経営及び生徒理解について”学びました。年度始めに各ホームルームでQ-Uアンケートを行った結果にもとづき具体的な読み取り方や面談方法を学びました。今週はさっそく面談週間を設け、研修会で学んだことを活かし、生徒支援の一助としたいと思います。


5月16日(月)から20日(金)まで、生活環境委員会によって行われた緑の募金活動の収益金4,884円を役場の林業課の方にお渡ししました。健全な森づくりのために役立てていただければと思います。募金に協力してくださった皆様ありがとうございました。


6月1日(水)〜3日(金)の3日間前期中間考査を行いました。1年生は高校での初めての考査、2年生はコース制による多くの選択科目の考査、3年生にとっては進路に向けての重要な考査でした。それぞれの目標に向かって非常に集中して取り組んでいました。


先週一週間、釧根支部の高体連の大会が行われました。5月24日からバドミントン(生徒3名出場)、とソフトテニス(生徒11名出場)の大会が行われ、両部活とも3年生を中心に健闘し、最後まで粘り強く戦っていました。5月27日からはサッカー部(生徒1名連合で出場)と剣道部(生徒4名出場)が大会に参加しましたが全道大会への出場は逃しました。最後に、5月25日から行われた柔道部の大会では、2年生女子生徒が見事個人戦で優勝し、全道大会への切符を手にしました。1年生男子も、敗退はしましたが6月に行われる全道大会への出場が決まりました。勝った生徒も負けた生徒も、この経験を生かして今後の学校生活を送ってほしいと思います。  


5月18日(水)6校時に3年の「生物」で春の野外観察を行いました。この授業では道東の短い春に一斉に咲き誇る春植物を観察しました。エゾエンゴサクやニリンソウ、オオバナノエンレイソウなど代表的な春植物と同時に、エゾヤマザクラやセイヨウタンポポ、アブラナなど郊外で見られる植物を観察しました。生徒たちは紫や白、黄色、ピンクなど色とりどりの花々に春の訪れを存分に感じていました。  


5月21日(土)高体連バレーボール競技大会釧根支部予選が湿原の風アリーナで行われ、3年生を中心に6名が出場しました。部員が少なく、当初は出場も危ぶまれていましたが、助っ人部員等の協力を得て出場することができました。結果は、第一試合目武修館高校、第二試合目江南高校ともに、セットカウント0−2で負けてしまいましたが、たくさんの方の協力を得て出場できたことに感謝し、今後の学校生活を送っていってほしいと思います。今週は、ソフトテニス、バドミントン、柔道、サッカー、剣道と高体連の大会が続きます。HPでも随時アップしていきますので応援よろしくお願いいたします。  


5月18日(水)3年生の「生活と福祉」の授業で「ガイドヘルプと食事介助体験」を行いました。目隠しをする方も、声をかけて支える方もとても難しさを感じているようです。普段仲の良い友達なのに、なかなか頼ることができないという声も聞こえました。この授業では今後もいろいろな体験を行いながら福祉に対する知識と技術を身に付けていく予定です。  


5月15日(日)に春の高野連大会が開幕し、白糠高校は阿寒高校、釧路東高校との3校連合チームで出場しています。16日(月)に1回戦、釧路工業高校と対戦してきました。最終スコア5対7で惜しくも敗退してしまいましたが、次につながる良いゲームでした。6月下旬に行なわれる夏の大会に向けて練習していきますので、今後とも応援よろしくお願いします。  


5月16日(月)〜20日(金)生活環境委員の生徒が中心となって昼休みに緑の羽根の募金活動を行いました。白糠町緑化推進委員会の事業への協力を通して緑化事業への興味関心が高まり、生徒たちが奉仕活動の意義に気づくことを期待しています。  


各学年の取組として、朝のSHRの時間を使って朝学習にを行っています。普段の授業の復習や進路実現のための一般常識などの学習をし、基礎学力定着のため努力しています。今回は2学年が中間考査2週間前ということで考査範囲の問題に真剣に取り組んでいました。  


5月16日(月)〜20日(金)生徒会企画によるあいさつ運動を行いました。朝の登校時間帯に生徒会メンバーの元気な声により1日がスタートしています。メンバーの中で誰が一番元気がよいか生徒のみんなに投票してもらうなど企画を凝らし、学校生活を明るく充実したものにしようと頑張っています。  


5月17日(火)18:00から白糠町役場で教育振興協議会総会が行われました。将来の展望、学校運営など白糠高校の発展のため、とても貴重なご意見を頂戴いたしました。今回のご意見を活かしより良い学校にしていこうと思います。お忙しい中、ご出席いただいた皆様に心より感謝申し上げます。  


5月12日(木)4校時に「交通安全教室」を催しました。釧路警察署の方から講話をいただき、自転車事故の実態に関するDVD上映もあり、生徒・職員一同改めて「交通安全」を誓う機会となりました。最後に、交通安全標語校内コンクールに入賞した生徒3名に対する表彰も行いました。  


5月10日(火)6校時に「高体連地区壮行会」を行いました。5月中旬から下旬に行われる高体連に向けて、各部活動から意気込みを発表した後、生徒会執行部から激励のエールが送られました。最後は、生徒会執行部をはじめ有志の生徒や教職員が一体となって大きな三三七拍子を送りました。みんなの応援を胸に、悔いのないよう全力で戦ってきてほしいと思います。  


5月8日(日)本校が位置している白糠町橋北3区町内会において清掃活動が行われ、本校の生徒会執行部や部活動の生徒、教員が参加をしました。風の強い中でしたが、いつも使っている通学路等のゴミを綺麗に拾うとともに地域の方とも交流を深めました。生徒会執行部では、今年度もクリーンプロジェクトとして学校内外の清掃活動を積極的に行う予定です。  


5月6日(金)1校時に体育館で表彰式・全校集会を行いました。表彰式では、柔道部・剣道部が管内の大会で優秀な成績を収めました。各運動部は高体連へ向け頑張ってほしいものです。全校集会では、気を引締めて学校生活を送るように、教務と生徒指導担当の先生から話がありました。 今後、定期考査や学校祭などの行事が控えています。一日一日を大切に過ごしてほしいと思います。


4月28日(木)18時30分から、町内の「はまなす」において、「PTA総会・体育文化後援会総会」を行ないました。今年度の活動について保護者の皆様にご協力をお願いするとともに、学校と保護者が協力して子供たちを支えていけるよう交流を深めました。ご参加くださいました保護者の皆様、お忙しい中ありがとうございました。  


4月28日(木)2校時、フードデザインの授業で調理実習を行いました。事前に「食料自給率」や「フードマイレージ」について学習し、地産地消や旬産旬消をテーマとした調理実習として、白糠町産の「柳だこ」を使った「たこザンギ」を作りました。生徒にとっては身近な食べ物ですが、全員初めて調理したと話しており、今後も地元の食材を活かした白糠高校ならではの調理実習を行っていきたいと思います。  


4月27日(水)放課後、釧路市で行われた「進路ガイダンス」に、1年生13名、2年生3名、3年生12名、合計28名が参加してきました。1年生は初めての進路ガイダンスへの参加となり、緊張した様子も見られましたが、自分の興味ある学校で積極的に話を聞く姿が印象的でした。3年生はそろそろ進学先を決めて行かなければなりません。貴重な機会を大切にし、進路実現に向けて頑張ってほしいと思います。


4月27日(水)6校時に「生徒総会」を行いました。今年度の生徒会と各委員会の活動についての説明と、各クラスから出された質問や要望について返答がなされました。おおまかな年間の活動も決まり、本格的に各活動が動き出します。  


4月20日(水)今年も本校で育てた野菜を学校祭で配布することを目標に、生徒会執行部がビニールハウスで野菜の栽培を行います。今日は肥料や堆肥をまいて畑を耕し、種を撒く準備をしました。生徒の活動と野菜の成長もここで随時更新していきたいと思います。  


4月18日(月)白糠町連合町内会が行なっている「三愛運動」の啓発看板を、生徒会執行部と町役場の方によって新しいものに取り換えられました。「あいさつ」「はげましあい」「ふれあい」の三つの愛を広げ、思いやりの心をもった生徒に育ってもらえるような願いを込めて設置しています。  


4月12日(火)5・6校時に生徒会執行部の企画運営による「新入生歓迎会」を行いました。パワーポイントを使った先生紹介や各部活動のデモンストレーション、生徒会執行部のミュージカルと、多くの笑いに包まれた歓迎会となりました。1年生にはぜひ部活に入部したり、生徒会活動に取り組んだりと、充実した学校生活を送ってほしいと思います。  


4月11日(月)1校時から3校時まで1学年で新入生オリエンテーションを行いました。学年主任及び教務部、生徒指導部、進路指導部の各部長の先生がそれぞれ高校生活についての注意点を話し、最後に養護教諭によるコミュニケーションゲームを行ないました。今日は話を聞く時間が長く、生徒には少し疲れた表情が見られました。さらに放課後には部活動オリエンテーションも行い、盛りだくさんの1日となりました。  


4月8日(金)曇り空の中、第66回入学式を行いました。新入生のしっかりとした姿勢で式典に臨む姿が印象的でした。新1年生34名を迎え、全校生徒110人での新たなスタートです。一人ひとりが自分の目標を持って前向きに取り組んでほしいと思います。  


4月8日(金)新しく3名の先生方を迎え、平成28年度がスタートしました。倉内校長先生から、「日頃の小さな行ないが、大きな結果につながる」というお話があり、生徒指導部や教務部の先生からも、この一年の取組目標についてお話がありました。一つ学年が上がって、気持ちを新たにすがすがしい表情で登校してきた生徒の表情が印象的でした。  


>> 2016年度のNEWSはこちら

>> 2015年度のNEWSはこちら

>> 2014年度のNEWSはこちら

>> 2013年度のNEWSはこちら

>> 2012年度のNEWSはこちら

>> 2011年度のNEWSはこちら